スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

女優ならこれ! 映画 若手女性監督が邦画に“活” ヒット作相次ぎ注目


 長く男社会だった映画界で、若手の女性監督の活躍が目立ってきた。5月に開かれた「第60回カンヌ国際映画祭」で、河瀬直美監督(38)の「殯(もがり)の森」が最高賞に次ぐグランプリを受賞、ヒット作も相次いでいる。【勝田友巳】
 昨年公開された日本映画417本のうち、女性監督の一般作品は20作以上。


全体の割合にすればわずかだが、河瀬監督が「萌(もえ)の朱雀」でデビューした97年は公開本数278本中4本、05年でも10本程度だった...ニュースの続きを読む
(引用 yahooニュース)

スポンサーサイト

2007年06月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。